会話ロボットが社内連絡の効率化とコミュニケーション活性化を支援――マルコメとNTT東日本が共同実証

会話ロボットが社内連絡の効率化とコミュニケーション活性化を支援

※この記事は、IT mediaエンタープライズの記事を転載しています。

マルコメは2018年11月1日、NTT東日本とともに、コミュニケーションロボット「Sota」を活用して、工場に勤務する従業員への社内連絡の効率化と、社内コミュニケーションの円滑化を図る実証試験を開始した。
実証試験では、NTT東日本のクラウド型ロボットプラットフォームサービス「ロボコネクト」を活用し、マルコメ本部から離れた工場で働く従業員向け周知事項を配信する仕組みを構築。

マルコメ本社工場の作業場前室内にSotaとディスプレイを設置して、工場に入る従業員の動きにIoTセンサー(人感センサー)が反応し、Sotaがディスプレイに映るコンテンツ(従業員向け周知事項)に合わせて音声案内を行う。

早朝や夜間など、さまざまな勤務形態で働く従業員への社内連絡をロボットが行うことで、周知内容の浸透と周知業務の効率化を図るとともに、Sotaとの触れ合いを通じて、始業前の従業員の気持ちを和ませるなど、社内コミュニケーションの活性化を促す。

実証試験の期間は1カ月程度を予定。働き方改革の一環としても、同ソリューションの導入効果の検証を進めるとしている。

社内連絡の効率化や周知浸透にどのくらいの効果をもたらしたのか、実証実験の結果を楽しみにしたい。

関連記事

カレンダー

2020年10月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る