企業における「ブランド」と「コミュニケーション」の違い

コーポレート・コミュニケーション部_ブランド2

人間における「個性」の多くは、当人の「コミュニケーション」によって構築されます。

それと同じように、企業における個性、すなわち「コーポレートブランド」の多くの部分は、その企業の「コーポレートコミュニケーション」によって構築されます。

ここにおいて、コーポレートコミュニケーションは手段であり、コーポレートブランドは目的であると言えます。

コーポレート・コミュニケーション部_ブランド2

コーポレートブランドとは、経営者の志やビジョン、社員の持つ価値観や行動様式、社風や企業風土など、企業を表現する内面的なものを土台にし、それらに対して外部のステークホルダーが感じている企業イメージや企業への期待や要請などで構成されています。

言い換えると、その企業「らしさ」を指しています。

コーポレートブランドは、製品やサービスにつけられているプロダクトブランドの集積物ではなく、企業という単位で推進される全く別のものです。

プロダクトブランドは、それが不振の場合に廃番が可能ですが、コーポレートブランドは、その企業が存続する限り消えることはありません。つまり、そこには永続性があり、企業にとっては大変重要で高貴なものと言えます。

対外的、対内的な手段としての2つのコーポレートコミュニケーション活動を通じて、コーポレートブランドのイメージを高めることが、企業経営の目的の1つといっても過言ではないでしょう。

コーポレートコミュニケーション部_社員

関連記事

カレンダー

2019年12月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る