職場のハラスメントや差別を、人工知能が察知する時代がやってくる

この記事は、WIREDの記事を転載しています。

職場における真の多様性とは、不当な扱いを受けている状況を公表できる安全な方法があってこそ実現できるものだ。そのために、メールや会議、面談などの内容が人工知能(AI)で分析される時代が間近に迫っている──。ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン心理学部の研究者で、AIツール開発企業の共同創業者でもあるジュリア・ショウによる予測。

(TEXT BY JULIA SHAW、TRANSLATION BY MADOKA SUGIYAMA)

ハラスメントや差別を報告する仕組みが破綻しているという現実は、過去2年間の一連の報道によって世の知るところとなった。

「#MeToo」が明らかにしたのは、職場でハラスメントを受けている女性の多くが沈黙しており、その期間が数十年に及ぶ場合もあるという事実だ。また「#TimesUp」運動は、依然として存在する賃金格差や賃金差別に焦点を当てた。

傷ついているのは女性だけではない。非白人の人々、LGBTQIを公言する人々、障害のある人々など、多くの人が不平等な扱いを受けている。彼らは、自らの意見を自由に表明するためのよりよい方法をいますぐ必要としているのだ。

ILLUSTRATION BY MATTEO BERTON

AIによって無意識の偏見や差別をなくす

もうじき、わたしたちはAIを使って職場における従業員の行動をモニターするようになるだろう。その目的は、不正行為の検知だけではない。偏見や差別の兆候を見抜くこと、ハラスメントや差別を特定して報告する際に妨げとなる大きな壁を乗り越えることもそのひとつだ。

AIは自然言語処理によってメールをスキャンし、不適切なワードやフレーズを探し出し、問題を起こしている人物にフラグをつける。また、賃金の透明性を増すために、データから昇進の傾向を割り出し、賃金格差の防止にひと役買うだろう。

また、AIは会議室で最も発言している人物を音声認識によって特定する。わたしたちはこれによって、ずっと黙っている人、無視されている人、話をさえぎられている人を話し合いに加えられるようになる。

こうした偏見特定ツールを複数合わせて使えば、わたしたちが無意識に誰かを無視しているときにもそれに気づくことができる。

「真の多様性」を実現するためのAIとは

またAIのおかげで従業員が匿名で問題を告発し、雇用主からの報復を恐れずに、より多くの人々が問題提起できるようになる。AIチャットボットによる「面談」を提供するオンラインツールは、偏見による不公平な行為をなくし、従業員も表立たずサポートを受けることができる。人事部の勤務時間中に面談のアポイントをとったり、内部告発ホットラインの見知らぬ人に電話したりする必要もない。

わたしが経営するソフトウェア企業のSpotでは、職場での不適切な行動を記録・報告しやすくするAIオンラインツールを開発した。このツールを使えば、雇用主は従業員からの匿名報告にも対処できるようになる。同様の技術は、AllVoices、Vault、TextIQ、Callistoといったスタートアップでも開発中だ。この分野は急成長しており、AIを活用した報告ツールは間もなく業界の標準になるだろう。

真の多様性とは、職場はあらゆる立場の人々が大切に扱われるようになる場所だと実証することによって実現するものだ。偏見をなくし、不当な扱いを受けている状況を公表できる安全な方法を従業員に与えることによって、AIは真の多様性というわたしたちの目標の達成を確かなものにするだろう。

ジュリア・ショウ|JULIA SHAW
ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン心理学部の研究者。業務環境改善のAIツールを開発するSpotの共同創業者。

情報提供元:WIRED
本記事の掲載元:
https://wired.jp/2019/06/25/workplace-harassment-ai/

関連記事

カレンダー

2019年12月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る