ティンバーランドが企業理念を表現する「プロジェクト ベター」コレクションを展開

CSRへの取り組み

この記事は、exciteニュースでの記事を転載しています。

リサイクル素材・オーガニック素材・再生可能素材を使用したプロダクトが、世界中でテーマになっている。

アメリカ東海岸で生まれたアウトドアライフスタイルブランド「TIMBERLAND(ティンバーランド)」からは、「プロジェクト ベター」コレクションが新登場。

■理念

自然保護やコミュニティへの取り組みを企業理念に掲げているティンバーランド。CSR活動の一環として2001年より世界中で960万本以上の植樹を行い、3億1千万本ものPETボトルをフットウェアとして再利用し、そして2020年までにフットウェア製品において、リサイクル素材・オーガニック素材・再生可能素材を使ったコンポーネントが少なくとも1点以上含まれている製品の比率を100%にするという目標達成に向けて、着実に歩みを進めてきた。

そんなティンバーランドの理念を表現する「プロジェクト ベター」コレクションが、4月19日より展開中。

■「プロジェクト ベター」コレクション

より良いものを目指して意欲的に取り組み続けるという、ティンバーランドのDNAが埋め込まれたこのコレクションは、フットウェアを始めとして、私たちの人生や生活をより良いものにする様々な要素を組み合わせていくというティンバーランドの物作りの哲学から生まれたもの。

慌ただしい毎日の負担を軽減するよう軽量かつミニマルにデザインし、とりわけ履き心地の良さにこだわったシューズを誕生させることを目指した。

記事の続きは、exciteニュースにてご覧ください。

情報提供元:exciteニュース
本記事の掲載元URL:
https://www.excite.co.jp/news/article/Ignite_160022/

関連記事

カレンダー

2019年12月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る