外国人材受け入れ拡大で生活支援サービス強化の動き

※この記事は、NHK NEWS WEBの記事を転載しています。

外国人材の受け入れが来月から拡大されるのに合わせて、新たに日本で暮らし始める外国人向けに生活支援のサービスを強化する動きが広がっています。

このうち、外国人のビザ申請を支援している東京のベンチャー企業は来月から新たに外国人の定住支援を始めます。

コンビニATMを展開する「セブン銀行」と提携し外国人が来日してすぐに銀行口座を開設できるようにするほか、保険の契約や住宅探しなどにも段階的にサービスを広げたい考えです。

「one visa」の岡村アルベルトCEOは「外国人の生活面での不安をどのように解消していくかが課題だ」と話しています。

一方、人材派遣サービス大手の「パソナ」は外国人を対象に自治体への転入手続きや電気、ガスといったライフラインの契約などをトータルで支援するサービスを来月、導入します。

また、日本語や日本のビジネスマナーなどを学べる研修も用意することにしています。

こうした新サービスの背景には、外国人材の受け入れを拡大するための「改正出入国管理法」が来月、施行されることがあります。

介護や建設など14の分野を合わせた受け入れ人数は5年間で最大34万5000人余りと見込まれていて、外国人向けの生活支援サービスを強化する動きは、今後、一段と広がりそうです。

情報提供元:NHK NEW WEB
本記事の掲載元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190323/k10011858101000.html

関連記事

カレンダー

2019年12月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る