広報部のお仕事とは?

広報とは

「そもそも広報って何どんな仕事?」と思っていらっしゃる人が多いと思うので、そのあたりをご紹介します。

まず、「広報とは」を調べてみると企業や組織などが公衆と良好な関係を構築していく活動のこと=広報活動といった説明があります。

つまりは“企業があらゆる関係性を良くするためにさまざまな情報を広く報じる”ということと言えます。広報は企業としての価値を広く「知らせる・報じる」という役割があり、その目的は円滑な経済活動を行っていく、というところにあるのです。

社内広報

また、広報という仕事のメインは、自社の商材や会社の名前を外部に発信する「社外広報」、つまり会社のPR(public(大衆) relation(つながり・関係)の略。)だけでなく、社内の情報を従業員に知らせる「社内広報」があることを忘れてはいけません。

社内ブランドのブログやSNSの更新、テレビや雑誌の取材対応や原稿チェック、プレスリリースの配信、メルマガ配信 、イベントの企画・進行といった「社外広報」に対し、「社内広報」は、新商品情報、新入社員情報、イベントスケジュール、社内報など社員向けの情報の配信などを通じて、社員との良好な関係性を構築することが業務となります。

 

社内広報をおこなうために、各部署の飲み会に参加したり、複数の店舗を回って写真を撮ったりと、社内のあらゆるところに出没し、情報を集めることも重要です。

このように、どんな形をとっても最終的に会社の知名度が上がるようにするのが広報の仕事ですので、自社の名前や商材が売れるのであれば、決まったやり方も正解もゴールも間違いもありません。広報にとっては、社内で起こることのすべてが自分に関係があり、すべてが自分の仕事の範疇になります。社内のあらゆる部署の仕事を理解しておくことや、社内で起きている出来事にも敏感にとらえる必要があります。

たとえ今すぐ商品が売れなかったとしても、いつどこで急に人気の火が付くかは誰にもわからないので、そのときチャンスを逃さないよう常に地道なPRを続けることが大切です。

関連記事

カレンダー

2020年9月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

ページ上部へ戻る