就業体験だけではもったいない。インターンシップでは「繋がり」を意識してみよう!

この記事は、ジョイキャリアでの記事を転載しています。

インターンシップは、学生のうちに企業で就業体験ができる非常に有意義なものです。しかも、インターンシップで得られることは、仕事の経験だけではありません。インターンシップで築いた人との繋がりは、あなたの今後に大きな影響を与えるかもしれないのです。

インターンシップでは就業体験だけでなく人間関係にも注目しよう

インターンシップは、社会人になる前に仕事を経験することで、その企業や仕事について深く知ることができると同時に、自分が本当にやりたい仕事を探す貴重な機会です。

インターンシップでは、与えられた仕事を一生懸命することはもちろんですが、それだけで終えてしまうのはもったいないことです。せっかく、インターンシップに参加したのだから、出会った人たちとの「繋がり」も大事にしましょう。

人は意外な出会いや縁が自分にとって大きな転機になることがあります。インターンシップでは、普段は知り合うことができない、さまざまな経験や価値観を持った人たちと出会うことができます。

このような場で人と出会い、人間関係を築くことは、今後の自分にとても重要な意味を持つでしょう。

インターンシップでは参加者同士の繋がりを大事にしよう

インターンシップで、一番関係を築きやすいのが同世代の学生たちです。同じインターンシップに来ている学生たちは、自分と同じ業界や仕事を目指している仲間ともいえます。

そのため、自分が就職活動をしていくうえで知りたい情報を持っている可能性が高く、有意義な情報交換ができるでしょう。しかも、同世代というだけで、話しやすく距離も縮めやすいので、社会人になってからも長く付き合っていける関係が築けるかもしれません。

学生時代とは異なり社会に出てからは仕事がメインになり、出会いも仕事を介したものが多くなってしまいます。そのため、学生時代に知り合い、社会人になってからも付き合える仲間はとても貴重な存在なのです。

何年経っても、お互いに良い刺激を受けつつ成長しあえる仲間がいたら嬉しいですよね。インターンシップの場でも同世代の仲間たちと積極的に交流してみることをおすすめします。

就業体験で社員さんとの繋がりも大事にしよう

インターンシップに参加したら、就業先の社員さんとの繋がりも大事にしましょう。社員さんは、実際にその企業で働いている社会人の先輩です。

もし自分がインターンシップに参加した企業にOB・OG訪問をしたいと思ったとき、仲良くなった社員さんに直接お願いすることができれば、仕事環境や社風など自分が知りたいリアルな情報を教えてもらうことができるかもしれません。さらに、仕事以外にも就活の先輩としてアドバイスをもらえる可能性も十分あります。

こういった学生時代ではなかなか知り合えない社会人と繋がりを持っておくことで、自分自身もこれから「社会人」になるのだと自覚が芽生え良い刺激になります。

社会人としての自覚が持てるようになれば、就職活動に対して今までとは異なる視点で考えることができたり、どんな社会人になりたいかなど明確にイメージできるようになったりと、さまざまな変化が生まれることでしょう。

自分から積極的にコミュニケーションをとろう

こういった繋がりを持つためには、参加している同年代の学生たちや企業の社員さんに対して、自分から積極的にコミュニケーションをとるようにしましょう。

コミュニケーションといっても何からすればいいのかわからないという人は、まず「元気に挨拶すること」から。元気に挨拶をすることで自身の緊張がほぐれるとともに、相手との距離を縮められる効果があります。

自身が任された仕事で疑問点などがあれば、積極的に質問しましょう。「たぶん合っているだろう」「これで良いはず」で結果的に問題なく終わることもあるかもしれませんが、積極的に質問し疑問をクリアにした状態で仕事を進めることが大切です。コミュニケーションをとり、確実な仕事で高い成果を出そうとする姿勢は、社員さんにも伝わるはずです。

また、社員さんや周りの人たちの動きをよく観察しましょう。そして、気になる点があったら、仕事終わりに「ちょっといいですか」と質問をしてみましょう。

社会人の先輩がどんなことを意識しながら仕事をしているのか、その仕事は何に繋がるのか、どれくらい先のことを見越して作業をしているのか、などわかるかもしれません。

さらに、インターンシップで知り合った学生とは仕事終わりに、情報交換を兼ねた食事会などをすることをオススメします。就業体験中に仕事や会社に対して感じたことはそれぞれ違いますので、参考になるでしょう。その際、SNS等、連絡先を交換するのもお忘れなく。

もちろん、これからも繋がりを持ち続けられるか、繋がりがなくなってしまうかは、あなた次第です。

まとめ

インターシップは、社会に出る前に企業で仕事を経験できるとともに、人間関係の練習場にもなりますので、大いに活用してみてください。

そして、インターンシップで出会った人との繋がりは、将来かけがえのない宝物になるはずです。社会人になることを意識しながら積極的なコミュニケーションを心掛けましょう。

情報提供元:ジョイキャリア
本記事の掲載元URL:
https://career.joi.media/jobhunting/2019/04/09/6842/

関連記事

カレンダー

2020年9月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

ページ上部へ戻る